賢く家を買う方法|地域に根付いた工務店なら気候に合った注文住宅を建設できる

地域に根付いた工務店なら気候に合った注文住宅を建設できる

積み木

賢く家を買う方法

部屋

寝屋川の戸建てを賢く買うには気を付けることが数点ほどあります。まず諸費用について注意することです。住宅ローン代行料・斡旋費、水道分担金、建築確認費、地盤調査費・地盤改良費、住宅瑕疵担保責任保険の保険料等、給排水の工事費が諸費用としてかかります。これだけでも購入代金の3〜5%になります。仲介手数料は購入代金の1〜3%程度になると考えて間違いはありません。しかし、業者によっても諸費用などは様々です。安く済むところもあれば、請求しないところもあります。大手の会社の場合は住宅ローン代行料や斡旋費は請求することが多くありません。寝屋川は建築に関してはそれほど後進の地域ではないため、戸建てを買う際にこうした費用を要さない業者を選ぶとよいでしょう。

寝屋川の戸建てを購入するにあたり、注意しなければならないことがいくつかあります。基本的に住宅は築10年を過ぎると価値が下がります。築10年と築11年では1年しか築年数の違いがないため建物の経年劣化という点ではほとんど差がありませんが、値段では格段の差がつくものです。つまり築11年の戸建てを狙うことで賢く家を買うことが可能になります。寝屋川の場合はどんな時代にも一定量以上の戸建てが建築されているため、購入する候補に困ることはそうないでしょう。しかし、戸建てにも様々な住宅があります。そのため、きちんと住宅の間取りや周りの環境をきちんと確かめてから購入するかを検討しましょう。